【帰省暮ギフト】両親に喜ばれる最強の日本酒ギフト10選【厳選10銘柄】

目次

帰省できない代わりに厳選した「帰省歳暮日本酒ギフト」を

コロナウイルス感染者の増加でなかなか帰省することができない。

今年はそのような方も多いのではないでしょうか?

私も毎年正月に帰省しておりましたが、「もし万が一うつしてしまったら…」という思いから早々に断念。

ならばと、日本酒好きの両親へ、いつもは手持ちで持っていく日本酒を「帰省暮ギフト」として贈りました。

時間をかけてじっくりと考えて選んだので、きっと喜んでもらえるはず。

この記事では私と同じような、帰省できない代わりに日本酒ギフトを贈りたい「帰省暮日本酒ギフト」を探してる方の参考になってくれると嬉しいです。

商品を選んだ基準はこちら↓

   

帰省暮日本酒ギフト選考基準
  1. 年末・正月に飲んでほしい特別な酒なので、予算はいつもより少し高めの「1本5,000円~12,000円前後」で。
  2. 甘口・辛口・旨口・淡麗…などバランスよく。
  3. すぐに売れ切れずにまだ在庫がありそうなもの。
  4. 化粧箱付きの特別感がある酒。(例外もあり)

   

実際に私が選んだときの基準です。

ちなみに実家の父の好みは「辛口」で、母の好みは「飲みやすい甘口・旨口」なのでそれぞれの好みのテイストを1本ずつ、そして私のおすすめの酒を1本の合計3本贈りました。

合計「10選」を値段が安い順で並べましたので、お時間あるときに見ていただけると嬉しいです。

磯自慢】純米大吟醸 雄町40 720ml 化粧箱付【5,500円】

種類純米大吟醸
容量720ml
蔵元磯自慢酒造株式会社
産地静岡県
原料米岡山県赤磐地区産雄町特等米100%使用
アルコール分15度以上16度未満
定価(税込み)5,500円

静岡県の人気銘柄「磯自慢」からは岡山県産の雄町を使用した純米大吟醸酒をチョイス。

5,500円とは…安い!と思いきや720mlの値段とわかり、そりゃそうだよなと納得。

ものによってはプレミアム価格がついてるが、この雄町40は今のところ定価販売です。

エメラルドボトルやブルーボトルなど、もう少しランクの高い商品もあるが、雄町の方が出来が良いので(私の好み)チョイスしました。

  

【飛露喜】純米大吟醸 生詰【5,680円】

種類純米大吟醸
容量720ml
蔵元株式会社廣木酒造本店
産地福島県
原料米山田錦100%使用
精米歩合麹米:40%精米
掛米:50%精米
アルコール分16度
流通価格(税込み)5,000円~14,000円

2019年10月に行われた、「安倍元首相主催の夕食会」で乾杯酒に使用されたことでも話題になった酒。

入手しにくいので定価よりも割高価格だが、5,000円~6,000円くらいならまだ許せるレベル。

特別純米や黒ラベルなどもおいしいが、この純米大吟醸はクセがなく飲みやすいので、正月に並ぶご馳走のお供に最適。

  

※もっと詳しい情報が知りたい方はこちらもどうぞ↓

  

  

化粧箱もありネームバリューもあり、辛口派~甘口派まで幅広い層にうける味という印象。

日本酒ギフトとしては無難な一本。

   

雨後の月】真枠 大吟醸 斗瓶取り 720ml 専用木箱付【8,800円】

種類大吟醸
容量720ml
蔵元相原酒造株式会社
産地広島県呉市
原料米特A地区(東条町)山田錦
精米歩合35%
アルコール分18度
定価(税込み)8,800円

手間暇かかって造られた「雨後の月」大吟醸斗瓶取りは、限定本数300本の超プレミアムな酒

父親用ギフトの最終候補にまで残したものの、実際に私もまだ飲んだことがないので悩みに悩み…

雨後の月が大好きな私の心を揺さぶる1本だったが、結局父親用にはこの次に紹介する「久保田の萬壽」というガチガチの鉄板銘柄に決めてしまった。

(その代わり自分用に買うかどうか悩み中)

正月用で6本の酒をすでに頼んでしまってるので、もし1月後半にチェックしてまだ在庫があったら買うかもしれない…

もし飲んだことある方がいらっしゃいましたら、コメント欄に感想を書いてくれると助かります。

【久保田】萬寿 純米大吟醸 1800ml【8,920円】

種類純米大吟醸
容量720ml/1800ml
蔵元朝日酒造株式会社
産地新潟県
原料米麹米:五百万石
掛米:新潟県産米
精米歩合麹米:50%
掛米:33%
アルコール分15度
定価(税込み)720ml:4,000円
1800ml:8,920円

日本を代表する日本酒といっても過言ではない「久保田」の特別な酒「萬壽」。

お祝いごとや大切な方へのギフトなど、わざわざここで出すまでもない定番中の定番酒だが、私の父親用にこの酒を選んだのでおすすめにも入れさせてもらった。

この酒を正月に飲む人も多いだろう。

淡麗辛口が好きな年輩の男性には特に喜ばれる日本酒ギフトの王道。

キレイな色味の専用化粧箱付き

   

勝駒】特別本醸造 本仕込 1800ml 【9,200円前後】

種類特別本醸造
容量720ml/1800ml
蔵元有限会社 清都酒造場
産地富山県
原料米五百万石
精米歩合55%
アルコール分16度
流通価格(税込み)720ml:4,980~7,700円
1800ml:7,800~15,400円

定価で購入するのは難しく、今や幻の酒と呼ばれることもある「勝駒」の定番酒。

飲んだ瞬間に、思わず舌鼓を打つほどの「インパクトがあるおいしさ」ではなく、一杯でやめようと思ってたのに、気づいたら瓶が空になっていた…というクセになる味わい。

1月1日に飲む酒というよりも、2日とか3日にテレビでも見ながらおせちの残りをつつきつつ、ダラダラとリラックスしながら飲み続けたくなる。そんな酒。

淡麗辛口好きはもちろん、フルーティーな酒が好みの方にも受け入れられる、幅広い層に好まれる味。

※もっと詳しい情報が知りたい方はこちらもどうぞ↓

  

    

※通常は箱なしですが「ネットショップいちぶん楽天市場店(ギフト包装無料)」や、「上方市場!Yahoo!ショッピング店」は、その店独自のギフトボックス入りの商品を販売してます。

  

作】槐山一滴水(かいざんいってきすい) 純米大吟醸【9,240円】

種類純米大吟醸
容量720ml/1800ml
蔵元清水清三郎商店株式会社
産地三重県
原料米酒造好適米山田錦
精米歩合40%
アルコール分16度
定価(税込み)720ml:4,620円
1800ml:9,240円

作のプレミアムシリーズの槐山一滴水(かいざんいってきすい)は、2019、2020年度全米日本酒歓評会金賞、そしてKURA MASTER 2020の純米大吟醸酒部門でも金賞を獲った評価の高い酒。
(参照:全米日本酒歓評会公式サイトKURA MASTER公式サイト

金額的に一升瓶で一万円前後するのでそう簡単には飲めないが、帰省暮のように特別なギフトや正月に飲む酒にはまさにうってつけ。

ボトルやラベルの高級感やおしゃれな化粧箱もギフトに付加価値を与えてくれる、非常にクオリティーの高いものですね。

      

【醸し人九平次】純米大吟醸 別誂(べつあつらえ)1800ml 化粧箱付き【9,339円】

種類純米大吟醸
容量720ml/1800ml
蔵元株式会社 萬乗醸造
産地愛知県
原料米兵庫県 特A地区産山田錦
精米歩合35%
アルコール分16度
定価(税込み)720ml:4,669円
1800ml:9,339円

安定した人気を誇る「醸し人九平次シリーズ」のフラッグシップといえば、「純米大吟醸 別誂(べつあつらえ)」

パリの三ツ星レストランにオンリストされてるだけあり、上品で飲み飽きしないその味は一升瓶が一瞬でなくなってしまうレベルでうまい。

フルーティーな甘口・旨口好きの方やワインやシャンパンが好きな方にも好まれる味で、もちろん食中酒にも万能。

洋食・和食ともに相性抜群。

黒色の高級感がある化粧箱付きなので特別感もあり。

(ちなみにこの酒は私の母親用に贈った酒です。)

    

【鳳凰美田】White Phoenix 純米大吟醸 無濾過本生1500ml 化粧箱付【11,000円】

種類純米大吟醸
容量1500ml
蔵元小林酒造 株式会社
産地栃木県
原料米愛山
精米歩合45%
アルコール分16~17度
定価(税込み)11,000円

Black Phoenix、赤判・碧判などなど基本的になに飲んでもおいしい鳳凰美田だが、その中でも飛びぬけてるのがこのWhite Phoenix。

最高級の酒米「愛山」で醸した純米大吟醸酒は、柑橘系のフルーティーな甘みと口の中で広がる米の旨味で誰が飲んでもおいしいと感じる分かりやすい味。

定価で10,000円を超える高級酒なので、1月1日に飲む本命の酒としておすすめ。

マグナムボトルや専用の化粧箱もおしゃれで高級感がある。

赤武】AKABU 純米大吟醸 極上ノ斬 (キレ)生酒 1800ml 化粧箱付【11,000円】

種類純米大吟醸
容量720ml/1800ml
蔵元赤武酒造株式会社
産地岩手県
原料米結の香100%使用
精米歩合35%
アルコール分15度
定価(税込み)720ml:5,500円
1800ml:11,000円

先程の鳳凰美田と同じく、なにを飲んでもおいしい岩手の人気銘柄「赤武」の純米大吟醸酒。

普段は定番の「純米酒」をよく飲んでいるが、どんなに飲んでも全く飲み飽きしないその「味」は依存するレベルでおいしい。

 

 

その赤武の最上位に位置する「純米大吟醸 極上ノ斬」の定価は、鳳凰美田のWhite Phoenixと全く同じで11,000円

今回実家に贈るギフトで最後の最後まで悩んだのがこの赤武と鳳凰美田の2本だったのだが、結局最後に決めたのは「赤武」だった。

決め手は味の立体感。

口に入れてそのままゴクリと飲むと普通においしいシンプルな淡麗旨口という印象だが、口の中に含んで舐めるように飲むと、その味の繊細な変化に感動してしまう。

甘味、旨味、苦味、酸味、辛味、それぞれの「味」が360度色々な角度からあらわれてきては消えていく。

そして最後にスッキリとキレていく。

この感覚が非常に楽しく、そしてうまい。

一年に一度は味わいたい宝石のような酒。

  

獺祭】木箱入り 純米大吟醸23 磨き二割三分 1800ml 【11,440円】

種類純米大吟醸
容量300ml/720ml/1800ml
蔵元旭酒造株式会社
産地山口県
原料米山田錦
精米歩合23%
アルコール分16度
定価(税込み)300ml:2,711円
720ml:5,830円
1800ml:11,440

(※木箱入りの価格)

お祝いごとに飲んだりギフトに使用されたりと、不動の人気を誇る「獺祭」の磨き二割三分を選択。

一時期は転売の餌食になっていたが、今では安定した供給に力を注いでくれているおかげで、欲しいときに普通に買えるようになったのは非常にありがたい。

普段飲めるのは「純米大吟醸45」↓で、もちろんこちらも十分おいしいのだが、正月用に贈るとなると磨き三割九分か磨き二割三分になってくるのではないだろうか。

 

 

獺祭の良いところは味はもちろんのこと、品の良いラベル木箱など「ギフト用商品としての完成度が高いところ」。

今回の帰省暮には使用しなかったが、来年お年賀を贈る予定があるので、こちらの商品を使用させていただく予定。

  

   

以上になります。

町田酒造や二兎、鍋島、黒龍、十四代、花陽浴、而今、高千代、羽根屋、新政などなどギフトにしたい酒はまだまだありましたが、12,000円以上だったり、逆に5,000円以下だったり、定価とあまりにもかけ離れた転売価格だったりで、悩みに悩んで上記10点にさせて頂きました。

また良い酒があったらどんどん追記や入れ替えをしていきます。

これをご覧の方で何かおすすめの一本がありましたらコメント欄に記入していただけると助かります。

コメント

コメントする

目次
閉じる