【焼酎カタログ】十四代 蘭引酒 鬼兜 熟成純米焼酎の特徴・味・通販ギフト【高木酒造】

目次

【十四代】蘭引酒 鬼兜の蔵元・産地・原料米・価格など

種類熟成純米焼酎
容量720ml
産地山形県村山市
原材料名米・米麹(国産米100%使用)
アルコール分40度
保管方法(未開封)冷暗所
おすすめの飲み方ストレート
定価(税込み)5,500円
流通価格15,000円~20,000円

ここ、羽州富並の庄は約一千年前大自然の要害に囲まれ城主落濱入道大林(おちはまにゅうどうだいりん)こと大森政圀(おおもりまさくに)の居城である「鬼兜城(おにかぶとじょう)」のあった地で今も威容を誇った名城の跡を辿ることができます。

昔、当酒蔵にて醸された芳醇無比なる純米のらんびき酒は「鬼兜」の名柄にて酒通の方々に喝采・親しまれた銘酒でありました。その伝承された秘伝奥義をもってここに幻の酒「鬼兜」を甦らせる事ができました。

本品は時に吟味した原料米をもとにアランビック(全銅製シャラントポット 直火型単式蒸留器)を用いて「らんびき」をくり返し、ハート(胸部・中取り)と呼ばれる部分だけをとり出し長期間貯蔵熟成ののち、さらにホワイトオーク樽に寝かせ調熟させた、いわば日本酒のコニャックともいうべき最高級酒でございます。


古代より樽貯蔵中に呼吸し樽外にとんだ酒成分を”神へのお返し”と言い樽内にとどまった酒は”神のお恵み”と呼ばれ蒸留酒においては樽貯蔵が最高の方法といわれております。

芳醇な香り、まろやかで味わい深い100%モルトをストレートでお召し上がりいただきたく存じます。

( 参照:商品付属のリーフレットから引用)

【十四代】蘭引酒 鬼兜の特徴・味・ギフト使用は?

【特徴・味】

・番外編的な感じで焼酎をピックアップ。ホワイトオーク樽で調熟された美しい琥珀色の液体は、焼酎というよりもブランデーに近いかも。

・付属のリーフレットに書いてあるが、水割りやロックで薄めずにそのままストレートで飲むのが一番おいしい。

【ギフトには使える?】

化粧箱あり

・普段日本酒しか飲まない人には微妙かもしれないが、焼酎やブランデーを飲む人なら、リーフレット付きの化粧箱にゴージャスな瓶、そして十四代というネームバリューも加わり最高の贈り物になるだろう。

・焼酎にしては定価が高いが(流通価格はもっと高い)、芳醇という言葉がピッタリとハマるほど非常においしい焼酎なので、十四代のことを知らない人も喜ぶだろう。

【十四代】蘭引酒 鬼兜を通販で探す

公式サイトなし

  

・こちらの酒を飲んだことある方からの「10段階評価」「感想」もお待ちしておりますので、「記事下のコメント欄」からお気軽にご記入下さい。

・10段階評価のポイントバーは、ポイントバー右上にうっすらと選択した点数が見えるので(バーを動かすとなんとなく見えてきます)、その数字を見ながら調整して下さいませ。(見にくくてごめんなさい・・・)

・入力して頂いたポイントは、下にある総評の円グラフに平均ポイントとして反映されます。

総評:十四代 蘭引酒 鬼兜 熟成純米焼酎

米焼酎
7.5

【十四代】蘭引酒 鬼兜 の評価(10点満点中)

7.5/10

長所

  • 本格的な米焼酎。THE芳醇といった味わいでクセになる。

短所

  • 味は最高だが焼酎にしては高い。

コメント

コメントする

目次
閉じる