【日本酒カタログ】十四代 七垂二十貫 純米大吟醸の特徴・味・通販ギフト【高木酒造】

目次

【十四代】七垂二十貫の蔵元・産地・原料米・価格など

種類純米大吟醸
容量720ml/1800ml
蔵元高木酒造株式会社
産地山形県村山市
原材料名米・米麹(国産米100%使用)
原料米兵庫県特A地区吉川町産愛山
精米歩合40%
仕込水桜清水(自然湧水)
酵母山形酵母
日本酒度+1
酸度1.6
アルコール分15度
保管方法(未開封)冷蔵庫
おすすめの飲み方
定価(税込み)720ml:7,700円
1800ml:不明
流通価格720ml:60,000円~65,000円
1800ml:88,000円~154,000円

七垂二十貫(しちたれにじっかん):高木酒造に代々伝承されてきた大吟醸揚げふね時の垂れ歩合、粕歩合を尺貫法で表したもので現代では雫酒の収量を意味します。

(参照:裏のラベルから引用)

【十四代】七垂二十貫の特徴・味・ギフト使用は?

【特徴・味】

【SAKE COMPETITION 2015】純米大吟醸部門第3位(第4位は龍月)
 (出典:SAKE COMPETITION公式サイト)

・「七垂二十貫」とは、”20貫(約75㎏)の米からたったの7垂(滴)しか取れないほど希少な酒”という意味。

・毎年7月10月の2回出荷される。

・双虹・龍泉・龍月と並ぶ国内最高級の日本酒の1つで、十四代の中で現在5番目に高い価格で流通されている。

・濃厚でフルーティーな十四代特有の旨み。雑味がなく甘みと酸味が強い。後口にほんのりとフルーティーな甘みを残して消えていく。完璧。

【ギフトには使える?】

・ブラックカラーの品の良い化粧箱あり

・注目銘柄でなかなか入手できないが、日本酒好きから初心者まで喜ばれるプレミアムな一本。定価で買えるなら問題ないが、流通価格で買うなら値段と相談。

【十四代】七垂二十貫を通販で探す

公式サイトなし

■720ml

■1800ml

  

・こちらの酒を飲んだことある方からの「10段階評価」「感想」もお待ちしておりますので、「記事下のコメント欄」からお気軽にご記入下さい。

・10段階評価のポイントバーは、ポイントバー右上にうっすらと選択した点数が見えるので(バーを動かすとなんとなく見えてきます)、その数字を見ながら調整して下さいませ。(見にくくてごめんなさい・・・)

・入力して頂いたポイントは、下にある総評の円グラフに平均ポイントとして反映されます。

総評:十四代 七垂二十貫 純米大吟醸

甘口
9

【十四代】七垂二十貫 の評価(10点満点中)

9.0/10

長所

  • 雑味がなくとても品の良い酒。
  • 愛山ファンにはたまらない一本。

短所

  • 入手困難。

コメント

コメントする

目次
閉じる